゚・。+。・゚・。+。・゚・。+。・゚・。+。・゚・。+。・゚・。+

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
沢山の人に届けるよりも、本当に必要な人に届きますように。

お申し込み、お問い合わせは、お問い合わせフォームからお願いします。
(営業や勧誘等の書き込みはご遠慮下さい。)

゚・。+。・゚・。+。・゚・。+。・゚・。+。・゚・。+。・゚・。+

本当に悔しかったんだろうな。ウイルスミス。

ウイルスミスがアカデミー賞授賞式で、司会者を平手打ち。

私の生まれ育った地域では、人の容姿をディスることが、わりと容認されていた。

だから、子供の頃から、外見をからかわれることは日常茶飯事。

そういった笑いがテレビで大人たちが平気でやってるんだから、

子供がそれを真似するのは当然だと思う。

「あんたの顔、えらいごついなあ。」とか、

「あんた、安産体型やなあ。ええ尻しとる。」とか、

だけど、笑われた方は、どんな気持ちか、想像できないんだろうか?

気にしていることを、人前で上げ連ねて、笑う。

だけど、そこで怒ったら負けで、一緒に笑わないといけない。

空気を悪くしてしまうから。

ウイルスミスが殴ったことは良くないことだとは思う。

殴られた人に身体的な痛みを与えるし、

もしかしたら、けがをさせてしまうかもしれない。

大けがだったら、大ごとになってしまう。

だけど、殴った気持ちは、理解できる。

病気の奥さんが、どんな気持ちでその髪型にしているのか?

その髪型で人前に出ることに、どれだけの勇気が必要だったか?

その全てを、笑われて、踏みつけられて、

大切な人が傷つくのが、許せなかった。

大切な人を守れなかったことが、辛かった。

その気持ちは、分かる。

暴力よりも、言葉の暴力の方が、

ずっと深く深く傷つく。

いつまでも消えない傷になる。

外見的なことを、笑う風潮。

早く無くならないかなあ。

世界レベルで、廃止にして欲しい。

そしたら世界中の争いごとのほとんどが終息すると思う。

だけど、暴力は、アカン。