゚・。+。・゚・。+。・゚・。+。・゚・。+。・゚・。+。・゚・。+

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
沢山の人に届けるよりも、本当に必要な人に届きますように。

お申し込み、お問い合わせは、お問い合わせフォームからお願いします。
(営業や勧誘等の書き込みはご遠慮下さい。)

゚・。+。・゚・。+。・゚・。+。・゚・。+。・゚・。+。・゚・。+

確実に結婚する方法をシリーズで書いていましたが、気持ちが乗らないのでちょっと休みます。

今回は、全く役に立たない独り言なので、スルーしてください。

2月は誕生日のある月ですが、気持ちが例年、すごく落ちます。

繊細過ぎるし、感受性も強すぎます。

このことは、自覚があります。

その為、そんな私の性格を改善して、強くなるようにと、子供の頃から周りの大人に厳しくされてきました。

そのせいで、私は委縮し、より殻に閉じこもるようになりました。

つまり、繊細過ぎる部分はより繊細になり、感受性もより強くなって、傷つきやすくなりました。

そんな私に起った今日の出来事。

今日は、絵画教室の日でした。

いつも、途中、ティータイムがあります。

私は、今日は、ケーキを持っていくことにしました。

一人で食べるには多いので、みんなでシェアしたい。そう思いました。

デパ地下で購入したので、安くはない。

そして、先生にお渡ししました。

生地がふわふわで濃厚なチョコレートクリームが有名なケーキです。

みんなに喜んでもらえると思っていました。

だけど、生地がふわふわなので、とても切りにくかったそうです。

切るのが大変だったと言われました。

そして、お皿にはべったりと濃厚なチョコクリームが。

洗うのも大変そうでした。

一人の女性は、

「あら♪これ〇〇のケーキじゃない。一時、流行ったわよね。やっぱり美味しいわ。」

って喜んでくださったけど。。。

みんなの反応が薄かった。

デパ地下の安くわないケーキ。

喜ばれると思って、みんなが笑顔になれると思って、

でも、結果は全然違くて・・・。

イギリスでは、その日誕生日の人が、みんなにケーキやらお菓子を職場に持って来たり、

あるいは、昼食をケータリングしたり、祝ってもらうより、みんなに誕生日の喜びをシェアしたいって感じだった。

学校でも、誕生日の子が、クッキーを焼いて、みんなに配ってた。

祝ってもらおうとするより、誕生日だから、良いことしようって感じ。

だから、ちょっと真似してみたんだけど、慣れないことはするもんじゃないな。

好意が無駄になった。

期待外れだった。

なんか思いのほか、傷ついた。

そういえば、良かれと思ってしたことって、全然喜ばれなかったなあって、

過去の記憶まで紐づけされて、そんな嫌な出来事が次々思い出された。

誕生日に良い記憶って、思い出せる限り、一つも無い。

逆に、辛いことが多い。

今年は、そうじゃないと良いなって思ったのに、やっぱり辛い日になってしまった。

そんな、誕生日の今日。

これからは、進んで良いことをするのを、本気でやめようと思う。

人が良いのもほどほどに。

自戒を込めて、

来年の今頃は、辛い出来事がアップデートされてませんように。