゚・。+。・゚・。+。・゚・。+。・゚・。+。・゚・。+。・゚・。+

愛あふれる心優しいあなたへ。
いつもご覧いただき、ありがとうございます。

お申し込み、お問い合わせは、お問い合わせフォームからお願いします。
(営業や勧誘等の書き込みはご遠慮下さい。)

゚・。+。・゚・。+。・゚・。+。・゚・。+。・゚・。+。・゚・。+

似合う色であれ、似合う服のテイストであれ、

自分に似合うものが分かると嬉しいですね。

そして、もっと似合うものを知りたいと思いますね。

そして、似合うものを知ることで、自分軸が確立されて行きます。

似合うものが分かることで、おしゃれも楽しくなりますし、

昨日より今日、今日より明日と毎日がより充実していきます。

そして、似合うものが分かることで、同時に似合わないものも分かります。

だから、選択肢がたくさんあって迷ってしまう時も、

似合うものを選び出す目と、似合わないものを見定める目が同時に磨かれて行きます。

自分軸を知った後に注意したいこと。

似合うものに会わないものが分かるようになると、本当にお買い物が楽になります。

そして、買う服に無駄が減ります。

だけど!

ここで注意していただきたいことがあります。

似合うもの、似合わないものが分かるようになることは、とても良いことです。

そして、それは、自分のことだけでなく、他の人の似合うもの、似合わないものもわかるようになってしまうのです。

むしろ、自分のことよりも、他の人のことの方が良く分かるかもしれません。

自分の姿は鏡で確認しないと見ることはできませんが、他の人の姿は直接見ることができます。

自分の姿よりも他の人の姿を見ている時間の方が一日の中で長いかもしれません。

他の人には、客観的な視点から見ることができるので、似合う似合わないがより分かります。

だから、そういう時、ついついこんなこと思ってしまったりします。

・あの人は、もっと明るい髪の色が似合うのに。

・この人は、ロングよりショートヘアの方が似合うはず。

・あの人は、ローズ系のチークよりコーラル系のチークの方が似合うのに。

・この人は、ワイドパンツよりテーパードパンツの方がスタイルが良く見えるはず。

とか、ついつい他人のファッションチェックを心の中でしてしまう。

そんなこともあるかもしれません。

思うのは自由です。

だけど!

それを、ご本人にわざわざ伝える必要は無いですよ!

「あなた、髪切った方が良いわよ。」

「そのチークの色、顔色が悪く見るよ。」

「その髪色よりダークな色合いの方が垢抜けるわよ。」

とか、です。

もし、ご自分が言われたとしても、あまりいい気分はしないですよね。

自分軸がみつかっても、その自分軸で他人をジャッジする必要はありません。

自分軸は、自分の為に使ってこそ、自分のキレイが磨けます。

求められた時だけ、アドバイスを。

私も以前、口紅を買いにデパートに行った時に、某外資系化粧品メーカーのBAさんに、こんなことを言われたことがあります。

「お客様は、イエローベースだから、今付けていらっしゃるようなローズ系の口紅より黄みよりのお色味の方がお似合いになりますよ。」

確かに、私は分かりやすいイエローベースの肌をしています。

だから青みの強い色より、コーラル等の黄みの強い色の方が肌なじみは良いです。

だけど、私は、ワインレッドやフューシャピンクなどの青みの強いウインターの色が好きです。

だから、一番似合わない色だとしても、その色を楽しみたいと思っています。

それに、黄みよりの口紅は、パーソナルカラーを知ってから、もう何本も似たような色を何本も持っています。

だから、今更、同じような色合いをまた買いたいかと言われると、うーーーん( 一一)となってしまいます。

だから、人それぞれ、思いや事情があるので、求められていない時には、アドバイスはしない方が良いと思います。

もし、どんな髪型が似合うと思う?とか、どんな色の髪色が似合うと思う?とか意見を求められた時だけにしておきましょう(^^♪

そして、アドバイスをする時も、現状を否定しないことも大切です。

今も素敵だけど、もっと、こうした方が良いよ。という肯定的な伝え方で相手の気持ちを傷つけないように気を付けたいものです。

自分軸は、まずは綺麗を磨くため、

そして、求められたら、他の人の綺麗もお手伝いする。

そうやって、みんなで綺麗になれたら良いですね(^_-)-☆

今日も、お読みいただき、ありがとうございました。