゚・。+。・゚・。+。・゚・。+。・゚・。+。・゚・。+。・゚・。+

愛あふれる心優しいあなたへ。
あると便利なコンシーラー(^^)

お申し込み、お問い合わせは、お問い合わせフォームからお願いします。
(営業や勧誘等の書き込みはご遠慮下さい。)

゚・。+。・゚・。+。・゚・。+。・゚・。+。・゚・。+。・゚・。+

コンシーラーを持っていないという人も多いと思います。

シミを隠すものと思われている方が多いので、必要ないと思って持っていない人もいらっしゃいます。

また、コンシーラーそのものの使い方が分からないから持っていないという人もいらっしゃいます。

私も、以前からコンシーラーは持っていましたが、メイクレッスンに行くまで、その使い方が分からずほとんど使っていませんでした。

固形タイプやスティックタイプ、リキッドタイプなど、色々種類もありますが、一番使いやすいのは、3色程入った固形のパレットタイプかと思います。

今回のお客様の目元の印象を変える際にも、コンシーラーがキーアイテムとなっています(^^)

目の下を明るくするには、オレンジのコンシーラー。

目の下に青グマが見える場合、また色素沈着がある場合、

オレンジのコンシーラー

が、1つあるとかなり重宝します。

今回は、こちらのETVOSのコンシーラーを使って。

今回のお客様は、目の周りに青みが出ていたので、中央のオレンジのコンシーラーを使って明るくしています。

他にも固形のコンシーラーでお勧めなものは、

MiMCの右下のオレンジも青グマや色素沈着を上手く隠せます。

また、これら上記2つは、低刺激で肌への刺激も少ないので、肌の弱い方に特におすすめです。

もう少しお手頃価格なものだと、IPSAのものもおススメ。

こちらも中央がオレンジです。
こちらは、筆先が格納できるタイプのブラシなので、持ち運びに便利ですね。

眉毛の形を整える「応急処置」にも使えます。

メイクの際には、ご希望の方には、眉毛のカットも行っております。

ただ、眉毛をカットしても集中して眉毛が映えている部分は、カットだけでは形を変えることができません。

そういう時も、眉毛の上にコンシーラーを乗せて、眉毛を隠して眉の形を変えることもできます。

ただ応急処置ですので、きちんと整えたい場合は、ご帰宅後にシェイバーを使って整えたり、毛抜きで抜くことをおススメします。

あくまで応急処置です。

今回のお客様は、顔タイプはアクティブキュートさんでした。

顔タイプが子供タイプの人は、目と目の距離が離れている人の方が多いです。

ですが、お客様は、目と目の距離が近いタイプです。

目と目の距離が近いときつい印象になってしまうこともあります。

その場合は、アイメイクで目と目の距離が少し離れて見えるように調節することも大切です。

そして、目と目の距離だけでなく、眉毛と眉毛の距離も離すと柔らかく見えます。

今回のお客様も、眉頭側の眉毛はカットだけでは形を変えられなかったのでコンシーラーでコンシーラーで隠しています。

眉毛を隠す時に使うコンシーラーは、ベージュ系を。

アフターの眉は、目と目の距離を離して、またさらに曲線を加えてみました。
少しの違いで、目元の印象がすごく変わりましたね。

コンシーラーで眉頭側の眉毛を隠していますが、割と馴染んでいると思います。

ただ、これは応急処置になりますので、きちんと整えられたい場合は、シェーバーで整えるか抜くことをおススメします。

だけど、少しの違いで、目元の印象は、本当にすごく変わります。
コンシーラーは、シミを隠すものという認識の方が多いと思いますが、もっと汎用性の広いものです。

コンシーラーもこの夏のメイクアイテムとして一つ購入されてみてはいかがでしょうか?

当サロンのメニューでは、全てフルメイクが付いております。

メイクアイテムの使用方法もご説明しながら行っております。

ご帰宅後も、すぐに復習できるように、使用したメイクアイテムは全て撮影していただけます。

また、メイクのポイントを記載したアドバイスシートもお渡しします。

すぐにお役立ていただける内容となっておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい(^^)