゚・。+。・゚・。+。・゚・。+。・゚・。+。・゚・。+。・゚・。+

愛あふれる心優しいあなたへ。
自分を信じることを自信って言うんです\( •̀ω•́ )/

お申し込み、お問い合わせは、お問い合わせフォームからお願いします。
(営業や勧誘等の書き込みはご遠慮下さい。)

゚・。+。・゚・。+。・゚・。+。・゚・。+。・゚・。+。・゚・。+

まだまだ、世の中混沌としていますね。
今、大きくなり始めているのは、雇用や収入への不安ではないでしょうか?

つまり、お金への不安。

いくら節約しても、収入が減り続けた場合、節約にも限界があります。

仮に失職してしまった場合は、職探しの必要も出てきます。
転職活動にはパワーも必要ですし、その為雄出費がかさむ場合もあります。

そういう時、お金の不安はどんどん大きくなります。

そして、何かにすがりたいような気持にもなります。

そんな時に、ポッと現れた人は、救世主にも見えてしまいますね。

みんな、自分のことで手一杯。

私は、20代後半~30代半ばまで、一人ぐらいでした。
だけど、その間に何度も転職しているので(いつも人間関係でつまずいて)
お金の不安は、常にありました。

来月の家賃払えるだろうか?
どうやったら貯金できるんだろう?
なんとか出費を抑える方法はないだろうか?
お金を増やす方法はないだろうか?

そんなことでいっぱいでした。
お金に対して不安で無い日はありませんでした。

だけど、投資の方法も分からない。
そもそも投資に回せる資金も無い。
キャリアアップしようにも大した経歴も無い。
転職を繰り返して、まともな職歴も無い。

本当に、お金のことが常に不安でした。

そして、そんな時に、急に現れて親身になってくれる人がいたりします。
そう突然現れて、家族のように親友のように寄り添ってくれる。

だけど、その人は、救世主でもなんでもない。

ただ、あなたを利用したいだけです!

だから、初めは親身になってくれます。
そして、そのうちに、お得話を持ち掛けたり、儲け話に発展したりします。

きっと、素直で正直者のあなたは、親身になってくれた分、その人の新設に応えたいと思うはずです。

でも、待って!

あなたは、大変かもしれません。

だけど、あなたが大変な時に、近づいてくる人も大変な状況です。

人を利用しないことには、稼げないとか、息を吸うように嘘をつくサイコパスかもしれません。

それは、間違いなく、沈む船です。

泥船にみすみす乗り込んで、沈没するのは目に見えています。

だから、冷静になりましょう!

もっと、自分を信じてみて下さい。

お金の心配が絶え無かった頃の私は、常に不安でした。

もともと気の強い方では無いですし、小心者です。

だけど、来月には家賃もはらえなくなるかかもしれないという不安を抱えていた頃の私は、もっと病的に弱気だったと思います。

見た目からも、そんな不安がダダ洩れだったと思います。

本当に詐欺師やずるい人の良いかもでした。

精神的にも金銭的にも沢山痛い思いをしました。

だから、その後遺症か、今でもやっぱり人に対して、疑ってかかる所があります。

だから、今、お金の不安を抱えている人に、そんな人に利用されないで欲しいと思います。

あなたの為にと、簡単に言う人の言葉を信じないでください。

あなたの為にと言って近づいてくる人は、
あなたのことなんて、これっぽっちも考えていません。

あなたの為なんて、微塵も思っていません。
自分のことしか考えていない偽善者です。

もし、今、そういう人が思い当たるなら、ちょっと距離を取ってください。

例え、不安だとしても。
その不安を一旦自分で引き受けてしまってください。

そして、こうつぶやいてください。

私は、大丈夫。
私は、自分を信じる。

本当に、そう思えなくても、一日に何度も言うんです。

他人に人生を乗っ取られない為のおまじないです。

他人に主導権を握らせないこと。

そして、大丈夫だと思うようになると、状況は本当に良くなっていきます。

目に見えて、すぐに変わらないかもしれません。

だけど、必ず、良い方に向かっていきます。

だから、まずは、その不安を自分で引き受けて下さい。

絶対、大丈夫です!

大丈夫ではなくなるのは、他人に人生を委ねてしまった時。

人生という船の舵をとれるのは、自分だけです。

ずるい人にみすみす利用される前に、主導権を取り戻してください。

本当に親切な人は、お得な話も儲け話も持ち掛けたりしませんから!

もう一度言います。

あなたの為にと言って近づいてくる人は、
あなたのことなんて、これっぽっちも考えていません。

悪い時は絶対続かないから。
必ず好転しますから。
泥船を飛び降りて、生還した私が言うので、信じて下さい。

そして、自分を信じて下さいね。