゚・。+。・゚・。+。・゚・。+。・゚・。+。・゚・。+。・゚・。+。・゚・。+゚・。+。・゚・。+。・゚・。+。・゚・。+

愛あふれる心優しいあなたへ。
いつも、ご覧いただいてありがとうございます。
(﹡ˆᴗˆ﹡)
1月の日程を公開しました。
スケジュールからご確認ください。
お申し込みは、お問い合わせフォームからお願いします。

゚・。+。・゚・。+。・゚・。+。・゚・。+。・゚・。+。・゚・。+。・゚・。+゚・。+。・゚・。+。・゚・。+。・゚・。+

今は、飼い始めたばかりで、楽しいことばかり。

だけど、これから、いろいろ、悲喜こもごもあるんだろうなあ。

今日は、やっと、モフ蔵のワクチンの3回目が終わった。

咳とくしゃみが続いて、2回延期になって、やっと完了。

頑張ったね。モフ蔵。

ガムを噛んでリラックスのモフ蔵。

だけど、今日も、ちょっとした事件勃発。

前回は、車に酔って、私の服にリバースΣ( ̄□ ̄|||)

今回も・・・なんて、ことには今回はならなかっただけでも良かったけれど。

今回は、とても病院が混んでいた。

もう年末だから無理の無いことこかもしれない。

予約をしていたけれど、時間が押していた。

この動物病院はとても人気。

診察室に入るまで、30分程かかった。

今回は、前回と違う先生。

どの先生も腰が柔らかい。

間違えた。

物腰が柔らかい(笑)

そんな優しい先生の笑顔にリラックスモード。

なのは、飼い主だけで、モフは緊張してたみたい。

朝からバタバタしてたから、いつもと違う様子に何かを察してたのかもしれない。

危うく転落事故!

診察室はいくつかあるみたいで、前回とも前々回とも違う診察室に通された。

そして、モフ蔵をクレートから出して、診察台に上げてみた。

優しく先生は、「こんにちは(^^♪」と言ってくれてる。

のに!

モフ蔵、なぜか診察台で後ずさり。

動物って、身体能力に優れていると思っていた。

のに!

その後ずさりで、モフ蔵、診察台から足を踏み外す(;゚Д゚)!

え!Σ( ̄□ ̄|||)

私は、とっさに前左足を掴んでしまった(;゚Д゚)!

宙ぶらりん・・・と思ったら、

その前に、夫が体をとっさに掴んでくれていた。

だけど、モフ蔵、すごくビックリしてる。

診察室に、モフ蔵のけたたましい鳴き声が響いた。

前回同様。デジャヴか・・・。

(前回の様子は、モフモフ騒動記の1に書いてます)

一瞬、全員、ヒヤッとする。

急激に、モフ蔵の足を引っ張ってしまった。

痛かったね。ごめん。モフ蔵。

そして、「折れて無いか、歩いてみましょう。」

と、先生が診察室の床を歩かせてくれた。

何事も無かったように、歩いてる。

折れて無くて良かった。

何より、落ちなくて、良かった。

1.4キロのモフ蔵が1メートル以上の高さから落ちたら、骨が折れるだけでは済まなかったかもしれない。

ああ、本当に落ちなくて良かった。

そして、もっと気を付けて無くてはいけないと心の底から反省した。

本当に、ゴメン。モフ蔵。

今回も、前回同様、いきなり、冷や汗。

骨が折れて無くて、本当に良かった。

良かったけど、ここからが本番。

今日のミッションコンプリート。

咳は少し治まってる。

だけど、熱を計ってみましょうと。

前回は、暴れて、暴れて、全く計らせてくれなかった。

今回は、モフ蔵の好きなガムも用意。

だけど、やっぱり、切羽詰まったモフ蔵は、ガムに見向きもしない。

暴れる・・・前に、ガシっとモフ蔵を掴む。

そして、大丈夫大丈夫となだめる(気休め)

暴れるけど、ちょっと慣れたのか、今回は熱を計れた。

平熱。

良かった。

1つミッション、完遂。

残すところ、ワクチン注射。

これも、暴れるだろうな。

嫌な予感しかしない。

と、思ったけど、先生が察してくれて、

裏で、看護師さんの補助のもと、あっさり済まして帰ってきた。

モフ蔵は鳴きもせず、あっさり帰ってきた。

今日のミッションは、前回よりうまく終えることができた。

頑張ったね。モフ蔵

無心でガムを噛んでる(^^;)

これで、来月、狂犬病の注射が終わったら、お散歩デビューだ。

病院から戻ってきたら、ご飯を食べて、すぐに眠ってしまった。

やっぱり、病院とドライブに疲れてしまったんだな。

今日は、あまり興奮させないように、ゆっくり休んでもらおう。

起きたら、少しだけ「おすわり」の練習しよう。

それにしても、こんなに急激に幸福度が上がるとは。

モフ蔵の存在は計り知れない。

だけど、本来、動物だけでなくて、人間も子供時代は、親にとっての幸福の塊だったのかもしれないなあ。

大人になると、自分なんて取るに足らない存在って思いがちだけど。

そんなことも、モフ蔵は気づかせてくれた。

噛み付きたいお年頃。この乳歯で噛まれるととても痛い。

こんな誰得な話、誰も読んでないだろうな(^^;)