゚・。+。・゚・。+。・゚・。+。・゚・。+。・゚・。+。・゚・。+。・゚・。+゚・。+。・゚・。+。・゚・。+。・゚・。+

愛あふれる心優しいあなたへ。
いつも、ご覧いただいてありがとうございます。
(﹡ˆᴗˆ﹡)
9月の日程は、8月14日(金)に公開します。

゚・。+。・゚・。+。・゚・。+。・゚・。+。・゚・。+。・゚・。+。・゚・。+゚・。+。・゚・。+。・゚・。+。・゚・。+

私は、数年前から水彩画を習っています。

なかなか上達しなくて、当初は楽しいとは、あまり思えませんでした。(涙)

ただ、絵を習ってみたいというのは子供の頃からの夢でした。

私の育った場所は、物凄く田舎で交通の便は自家用車しかありません。

そして、絵を教えてくれるところまで行くには、かなりの時間を要します。

絵を習える人は、本気で美術系の進学を考えている才能のある人か、裕福な家庭に育った人。

なので、経済的な理由、また物理的な理由から、子供の頃は諦めていました。

だから、大人になったら、習ってみたいと思って、やっと今その夢が叶っています。

そして、当初は、最近、楽しくなってきたのは、やっぱり上達してきたからだと思います。

うまくなったというよりも、やっと、筆使いに慣れたということだと思います。

メイクもブラシで、仕上がりが変わって来ます。

絵を描く時の筆と同じように、メイクでも、ブラシの使い方に慣れてくると上達してきます。

できれば、ですが、チークやアイシャドウは、付属のブラシやチップだけでなく、

専用のブラシを使用した方が、仕上がりがきれいです。

コスメブランドや筆専門メーカーで購入しようとすると、わりと高価です。

チークブラシだと、1本5,000円前後が主流だと思います。

だけど、無印やロフトなどの雑貨店、またネット通販で探してみると、メイク用のブラシはリーズナブルなお値段で購入できます。

特にネット通販は、メイクブラシのセットで売り出されたものでも、2,000円台~あって初めて購入するにはお手ごろだと思います。

性能や耐久性に関しては、保証はできませんが(^^;)

チーク用ブラシ
アイシャドウ用ブラシ

これは、まず、揃えておいて無駄にならないと思います。

他にもあると便利なブラシ。

他にあると便利なブラシは、

スクリューブラシ と リップ用ブラシ

まずは、チークとアイシャドウ用の次に、持っておくと良いブラシです。

まず、スクリューブラシ。

全体にネジみたいになっている、見ようによっては毛虫みたいな(笑)ちょっと変わった形のブラシです。

こちらは、単体でも数百円で購入できます。

そして、たまに、眉毛ペンシルの反対側がスクリューブラシになっているものもあります。

そうです。

このブラシは、眉毛を整えるためにあります。

眉の毛の流れを整えたり、

眉の描き方、失敗したなあ、という時に消すことができます。

眉の毛の流れを整える時は、眉頭から眉尻方向に、

眉毛を消す時は、その逆で、眉尻から眉頭方向に、ブラシを使います。

眉毛を失敗すると、慌ててティッシュでこすったりすると思いますが、余計に広がりませんか?

このブラシを使うと、簡単に消せますよ。

そして、リップブラシ、

今、マスクをしているから、口紅を塗らない方もいらっしゃると思います。

口紅がマスクに付くと、気持ち悪いですからね。

だけど、リップブラシで塗っておくと、あまり、マスクに移らず、取れにくくなります。

塗る時は、唇の上下の中央にしっかり色を置くということです。

そして、一度塗って、まず、ティッシュで押さえます。

そして、もう一度、同じように塗ってから、またティッシュで押さえます。

これで、口紅の色落ちと、マスクへの色移りが防げます。

絵と同様に、メイクもブラシの使い方が、上達のコツです。

道具に慣れることが、上達というのかなと思います。

いきなり、すぐに上手にできると言う訳では無いと思います。

だけど、少しずつうまくなっていきます。

諦めずに続けてみて下さい。

まずは、

チーク用ブラシ

アイシャドウ用ブラシ

それから、余裕があれば、

スクリューブラシ、

リップ用ブラシ、

もっと、余裕が出てきたら、他のブラシも使ってみるとより楽しくなると思います。

まずは、少しずつ(^^)

小さな一歩が大きな前進につながります。

少しずつ、前に進んで行きましょう♪

私の水彩画も少しずつ、進歩しているはず?です。