゚・。+。・゚・。+。・゚・。+。・゚・。+。・゚・。+。・゚・。+。・゚・。+゚・。+。・゚・。+。・゚・。+。・゚・。+
愛あふれる心優しいあなたへ。
いつも、ご覧いただいてありがとうございます(﹡ˆᴗˆ﹡)
゚・。+。・゚・。+。・゚・。+。・゚・。+。・゚・。+。・゚・。+。・゚・。+゚・。+。・゚・。+。・゚・。+。・゚・。+

GWが終わりましたね。
年々、大型連休になっているように思います。
私が子供の頃は、こんなに長い休みでは無かったような気がします。

子供の頃からGWはあまり好きでは無いですが(笑)
みんな家族でお出かけをされると思うんですが、私には良い思い出が無いです。

そもそも、あまり家族で出かける習慣がありませんでした。
出かけても、父親が不機嫌になり母親が一生懸命になだめる。
そして、私は、人混みがあまり得意では無いく、人の目と親の機嫌を気にして、いつもそわそわしていました。
そうそう、容姿をからかわれることが小学校の低学年から増えました。
それで、また突然暴言を吐かれるんじゃないかと怖くなってしまって。
そんなイジイジした私のことを父は疎ましかったんでしょうね。
(私がそう感じただけかもしれません。だけど記憶は100%ウソ説もあり)

だから、お出かけ=不安、でした。
だから、GWの具体的な思い出が全然ありません。
ただ、不安で嫌だったな。っていうくらい(;^_^A
本当に暗いですね💦

不安を感じるのは、私も同じです。

そして、今年のGWは、お出かけの予定のあった皆さんもほぼ外出されずに過ごされたことと思います。
私が今年、子供だったら、ちょっとホッとしているかもしれません。
GW明けに、誰がどこに行ったとか、どんなことをしたとかそういう話を聞いて自分と比べて暗い気持ちにならずに済みそうだから。
書いてて、我ながら暗いなと思いました。(笑)

だけど、今思えば、両親も大変だったんだと思います。
出かける余裕が無かったのかもしれません。
なかなか生きて行くのはお金がかかります。(現実問題)
出かけるには、時間も捻出しなくてはいけません。

そして、働くことは疲れることでもあります。
どんなにやりがいや幸せを底に感じたとしても責任が伴います。
ですから、どんな仕事からも疲れは当然生じます。

だけど、今、その働く場所が無くなるかもしれない。
そんな不安を感じていらっしゃる方もいます。

私も、この状況が続くと、やはり今の仕事のやり方を見直さなければなりません。
だから、私も不安を感じます。
焦りも感じます。
孤独に打ちひしがれそうになります。

何も考えない時間も必要です。

昨夜は満月でした。
フラワームーンという満月だったそうですよ。

いつも、スマホの画面ばかり見て、なかなか顔を上げる時間は減っていませんか?
昨日は、また、夜、川べりを散歩しながら月光浴をしていました。
(もちろんマスク&ソーシャルディスタンスは守っています。)

見上げた空には、本当に大きな満月が♪
と言いたいところですが、雲が出ていて雲越しに見えた満月でした。

満月を見ながら、何かを考えていたかというと、正直、何も考えていませんでした。
月を背にして歩いても、月はどこまでもついてくる。
月に向かって歩いても、月はどこまでいっても同じ距離。

太陽は直接見ようとすると目を開けていられないのに、月はこんなにもじっくりみられるものなんだなあと思いながら少し歩きました。

もし月から地球を見ても、私はみえないんだろうなあ。
地球では、新型コロナウィルスの感染で大騒ぎしているということは分からないんだろうなあ。
そんなことは、考えたりもしました。

感染拡大を阻止するために、工場の稼働が停止したり、夜間の外出規制によりこれまで夜も光って見えた日本列島の光源も少なくなっているのかなあ。
そんなことを考えたりもしました。

そういえば、ブルーノマーズの曲で、この月を見ている反対側からこの月を君もみてるかなあっていうような歌詞の歌がありましたね。
なんていう歌でしたっけ?
男の人ってロマンチストなんだなって思いました。
結構、女の方がリアリストですよね(笑)

少し、目先の不安から目を逸らすことも大切です。
逸らすだけじゃなくて、逃げても良いし、助けを求めても良い。

一人で抱え込まないでください。

なかなか公的な補償や支援が追い付かない状況ではあると思います。
だけど、諦めるには早すぎます。

お住まいの地域の都道府県や市区町村の助成金や給付金などを検索してみてください。
手続き方法が分かりにくい場合もあります。
私も調べてみましたが、なかなか手強いですね。
だけど、いろいろやってみて損は無いです。

家賃の補償も始まったようです。
何年間かは無担保無利子の融資もあります。
※審査あり

今は、生きることを優先しましょう。
自分と家族の為に。

私は本当に子供の頃楽しくなかったです。
GWが嫌いでした。
子供の頃は、なんで生まれてきたんだろう?
私なんか生まれて来なきゃよかったなあって、よく考えてました。

だけど、もうこんなに長く生きましたからね。
厚かましくもおばちゃんになりました(笑)
こうなったら、しぶとく生きることに執着してしがみついてやろうと思います。

だから、今、ちょっと気持ちが沈みがちだったり、仕事のことで悩んでたり、
その他恋愛や友人関係、いろんなことで悩んでいる人に言いたいです!

しぶとく生き抜きましょう!

それでね、この自粛期間が終わったら、絶対行きたいところに行ってください。
高いからとか、身分不相応だからって足を踏み入れなかったところにもどんどん進出してください。
そのバイアスは自分でかけた呪い(のろい)です。
それを、私は大丈夫のお呪い(おまじない)に変えましょう。

もう今死ぬか生きるかの瀬戸際じゃないですか。
死ぬか生きるかだけじゃないですね。
殺すか殺されるかレベルの話みたいですね。
こんなのサバゲ―よりし烈です。
ここで生き残ったら、絶対、行きたいところに遠慮せず行ってください。

やらなかった後悔は、もうやめましょう。
だから、給付金や助成金も融資も必要だと思ったら、申請してください。
生きて行くことが何より大事!
お金は生きて行くうえで、大切なものを守るために必要だから。

そして、一人で抱え込まず、相談しましょう。
必ず味方になってくれる人はいます。

ソーシャルディスタンスは必要だけど、お互いに背中をドンって叩いて大丈夫!って笑い合いたいですね。

お読みいただいてありがとうございました(^-^)
We are under the same sky to the moon light.