前から気になっていた本を買いました。

人は見た目が9割

の、漫画版です(笑)

なかなかインパクトのあるタイトルですね。
本題とずれますが、タイトルは本当に大切だそうです。
そこで人の気持ちを動かして引き付けないといけないから。

特に本の場合、中身が分からないから、何で買うかといえば、やっぱりタイトルが大切になってきます。
と、「伝え方が9割」という本に書いてありました。
こちらの本は、シリーズで2冊出ています。
コピーライターの人が書かれていて、本当に「伝え方」を分かりやすく説明してあります。
まだまだ私自身、落とし込めていませんが、サロンワーク、そして、このコラムを書く際の参考にしています。

この「伝え方が9割」もおススメです。
そういえば、「〇〇が9割」って他の本にもよく引用されてましたね。
きっと、どの著者や編集者さんも「伝え方が9割」が当たったから、みんなパクったな(^^;)と密かに、私は思っています。

では、本題ですが、結局、人は見た目なの?って話ですがね・・・

人は見た目が9割!な訳ないでしょ!(怒)

完全にタイトルにつられた!

ネタばれになってしまいますが、結局人は見た目・・・だけな訳ないないですよ!という話でした。
活字版を読んでいないので、もしかすると内容が少し異なっているかもしれません。
だけど、人は見た目だけじゃないです!

この漫画版の主人公は、新米の小学校の男の先生です。
のび太くんが大人になったみたいなかんじ。

それで、良い先生になりたい!
良い先生だと思われたい!と思って、空回りをくり返します。
そして、このままでは、完全に学級崩壊Σ( ̄□ ̄|||)というところに救世主が現れる!

そして、先生の運命は!

って、あんまり言うと、本当に完全にネタバレなのでこのくらいで止めておきますね(^_-)
だけど、見た目、見た目って言われていますが、そんな訳はないんです。

この先生は、まず最初に思いがありました。

小学校の時に出会った憧れの先生がいたから、
困ってる子や、
寂しい思いをしている子
そんな子供から、
先生がいて良かった
そんなふうに言ってもらえる先生に
僕はなりたい

そんな思いがあったから、変わるきっかけを掴めました。

結局、思いが一番大事です!

だけど、いえ、だからこそ!知ってほしいことがあります。

だけど、第一印象は、0.5秒で決まる!

その思いを伝えるために「見た目」を利用して欲しいのです。

なぜ、この本の主人公の先生は空回りしたのか?
なぜ、学級崩壊を引き起こしそうになってしまっのか?

それは、先生の思いが「見た目」に投影されていなかったからです。

服装も、髪型も、表情も、態度も、何もかもが思いに反しました。
生徒から「良い先生」と思われるには、程遠かったのです。

これまで、私が読んだ本や実際に聞いた話では、人が見た目で判断するまでの時間は、短くて3秒、長くて15秒でした。

ですが、この「人が見た目が9割」では、なんと0.5秒!!Σ( ̄□ ̄|||)

顔タイプ診断 骨格診断 カラー診断 顔分析フルメイク 町田 相模原 東京

びっくりしませんか?1秒も無いなんて!
だけど、考えてみると、人と目が合う瞬間って1秒も無いですね。
それに、友達や知り合いと待ち合わせでもして、こちらに向かって来てくれない限り、そんなにじっと人を見ないかもしれませんね。
それでも、多分、ものの数秒ですよね。

なので、初対面だと本当に第一印象は、0.5秒くらいで決まってしまうだなと、改めて納得してしまいました。

服装と髪型を変えるだけでも、人は変わる。

自分自身のことで、考えてほしいのですが、お出かけの時に、服がすごく似合っていると褒められると、その日一日自信が湧いて、いつもより勇敢な自分がいたりしませんか?

また仕事の日に、朝寝坊をしてしまって、髪の毛まで整える時間が無くて、なんとか家を飛び出して、猛ダッシュで電車に乗って、電車の窓に映る自分の姿を見て、ああ(>_<)こんな髪の毛で一日過ごすなんてって、朝から気持ちが沈んでしまったことってありませんか?

または、休みの日に、今日は出かけないと決めて、部屋着でダラダラ過ごしていると、動作までがさつでだらしなくなって、ドアを足で閉めたり、ひじをついてご飯を食べたりしてませんか?

どうですか?
あ、思い当たるってことは無いですか?
これらは一例ですが、そんな風に、他人からの印象だけではなく、自分自身も服装や髪型に合わせて行動や気持ちを引っ張られてしまいます。

だけど、自覚が出た頃には、第三者はとっくに気づいていたという場合が多いです。

人に会わないリラックスタイムは別にしても、人に会う時は「見た目」を気にした方が損しません。

だけど、そんなに難しいことでは無いです。

まずは、服装と髪型。

どんな服が似合うか分からないから、何を着ればいいか分からない。
髪は短い方が良いのか、長い方が良いのか、どんな髪型が似合うかも分からない。

だから、変えようとして失敗するのが怖い。

そんなに難しく考えないでください。

服の場合だと、サイズや丈があっていなかっただけかもしれません。
色のトーンをもう少し抑えた方が良かったのかもしれません。

髪型も、分け目を少しずらすだけで、垢抜けるかもしれません。
外ハネりも内巻きが似合う顔の形だったのかもしれません。

少し変えるだけで、劇的に変わる!場合もあるんです。

だから、服装と髪型を変える。ということを難しく捉えないでくださいね。

「自分を変える」ということは「違う自分になる」ということではない。

本当に、難しく捉えないで欲しいのです。
服装や髪型を変えようとして、今の自分を否定してしまうようなことだけは避けて下さいね。

今の自分を変える=違う自分になる、と思ってしまうと本末転倒です。

違う自分になる必要なんて全く無いです。
他の誰かになるなんて、自分が無くなってしまいます。
誰かのクローンじゃないですからね。
一人一人、みんな、違いますから。

ただ、その良さが「見た目」に反映するだけです。

だから、まず、今の自分に興味を持つことから始めてみて下さい。
こんな風になりたいなあ、
こんなイメージが理想だなあ、みたいな気持ちがだんだんはっきりしてきます。

だから、まずは、今の自分をちゃんと見てみましょう。

全身が映る鏡はありますか?
ネットや量販店だと、そんなに高い金額では無いです。
まずは、それで、毎日の自分の姿をチェックしてみてください。

できれば、その姿をスマホやデジカメで撮影して見てみるとよりわかりやすいです。
ウエストの位置は、ここでマークした方がバランスがいいなあとか、
スカートの長さや、パンツの形、どんなものが似合うのか細かい点もだんだん見えてきます。

髪型も、この長さだと重いなとか、
ここまでボリュームを出すと、頭が大きく見えるなあとか、
この服装には、もう少し巻いてもいいかなとか、
全身で見ると、だんだんバランスが見えてきます。

でも!焦りは禁物です。
急に変わろうとすると、息切れしてしまいます。

だから、少しずつ始めてみて下さい。
積み重ねが大事です。

そして、鏡を見るときは、自分に笑いかけてあげてください(^-^)
自分の良さに気付いてくると、だんだん自然と笑顔になれますよ。
自分の良さに気付くと、周りの人の良いところにも気づけるようになるオマケつき♬

なんだかんだ、「人は見た目が9割」ってタイトルにつられて買いましたが、このタイトルのインパクトも「見た目」の第一印象ってことですね。

やっぱり、第一印象は大事ってことですね。
ちょっとつられた感もありますが。

そして、読書の秋に、「人は見た目が9割」おススメしますよ。
漫画だから読みやすいですよ(^_-)
漫画も読書?だと思います!