「給料は我慢料」

こんな言葉信じないでくださいね。

誰が言ったんでしょうね。

仕事は辛いっていう前提で

辛いことに耐えてこそもらえるものっていう認識の人が考えた言葉だと思います。

恐らく、かつての日本人の根底にある価値観の押し付けなんだと思います。

「苦労は買ってでもしろ。」なんていう言葉もあるくらいですから。

給料は、我慢してもらうものではありません。

給料はもっと単純なものです。

給料は、あなたがその会社に属して、

毎月決まった額がもらえるという雇用契約に基づいて支給されるものです。

単にそれだけです。

我慢した分だけでも、

まして、頑張った分だけ、

でもないのです。

あなたは社員だから、もらえて当然なのです。

もっと言えば、アナタはその会社で働いてあげてるんですから。

たまに仕事でミスすることもあるでしょう。

でも、それも想定内です。

犯罪にかかわるような重大なミスをしない限り、

あなたのミスで会社が倒産するわけも無いのです。

もし、そんなことで倒産する会社なら、

初めから危ない会社を選んでしまった不運を呪いましょう(笑)

そして、逆に、すごい大きな案件を掴んで、会社に多大な利益をもたらしたとしても、

いきなり年収が倍になったりもしないでしょ。

だから、ミスを恐れる必要もなく、

必要以上に手柄を立てなきゃと思う必要も無いのです。

給料はそういうもんです。

大して減りも増えもしない。(笑)

だから、我慢料なんて思わないで!

社畜になるな!アナタは人だ!

苦役を強いるな!仕事は修行じゃない!

もっとシンプルに考えれば、給料は、もらって当然のお金です。

お金は大切ですが、それ以上でもそれ以下でもない。

でも、あなたの大切なものを守るためにあります。

家族、
生活、
夢、
希望、

そういうものを守るためにあるんです。

だけど、我慢料でそれらを守れますか?

ストレスやプレッシャーノルマや目標に押しつぶされそうになりながら、

でも、仕事はそういうものだと割り切ろうとして、

我慢して我慢して働いて得た給料は、

そのストレスやプレッシャーから、衝動買いに消えたり、

アルコールに消えたり、ギャンブルに散財したりで、

そのお金の遣い方でよりストレスを感じて、

苦労して得たお金を無駄なことに遣ってしまったと罪悪感に苛まれていませんか?

本当に遣いたいものに遣えないまま、次の給料日まで我慢して我慢して、働いていませんか?

そんなに我慢を自分に強要しないでください。

自分をいじめないでください。

自分に無理をさせることは、パワハラ上司以上に自分で自分をいじめていることになります。

それでお金より大切なものを守れますか?

お金より大切なモノ。

一番大切なモノ。

それは、アナタ自身です

給料は我慢料じゃない。

我慢を強いるのはやめましょう。

あなたは、その会社で働いてあげているんですから。

あなたは、当たり前の顔をして給料をもらってください。

そして、アナタが本当に守りたいもののために遣ってください。

当面の生活費でも、欲しかった服でも、

ちょっといいレストランでの食事でも、

それか留学費用貯金でも、なんでもオッケー。

そこでも我慢は厳禁ですよ(^_-)-☆

やりたいことの中に、外見を磨くことも含まれていたら、

是非、当サロンにもお越しくださいね。

東京町田イメージコンサルタントサロン
superior style(スーペリアスタイル)
顔タイプ診断・骨格診断
パーソナルカラー診断
同行ショッピング
メイクレッスン