ウサギとカメの話。

教訓めいた話として、語り継がれてます。

恐らく、調子に乗ってサボると失敗するから最後まで気を抜くな!とか、

努力を続ければ、苦手なことでもできるようになるから、忍耐をもって物事に挑め!

とかですかねぇ。

たぶん、カメよりうさぎの方が良いってことになってますね。

ふーーーん。

あ、そう。

って、感じ。(-。-)y-゜゜゜

この話、根本的に間違えてますよ。

ウサギとカメですよ。

そもそも生き物としての種類が違う。

ウサギは哺乳類。

カメは両生類。

陸での勝負は、圧倒的にカメが不利に決まってます。

ウサギも長距離には向いてません。

それでもウサギは、途中棄権もしなかったのに、悪者にされて・・・

ほんとに、こんなバカげた勝負、意味ないですよ。

うさぎはうさぎとして生きればいいし、

カメはカメとして生きればいい。

こういう意味の無い競い合い、もうやめたいですね。

人間だって、一人ひとり違う。

体力の差、IQの差、才能、特質、それぞれの個体差があります。

それは、良いとか悪いとかじゃない。

単に個体差。

生き物としての差。

そこに優劣は無い。

なのに、どちらが良いとか悪いとか、

どちらが優れてるとか劣ってるとか、

それで優越感を持ったり、

劣等感に苛まれたり、

心が休まる時がありません。

でも、子供の頃からの習慣で、

何かにつけて競争に巻き込まれて生きています。

その人らしさよりも、

そうやってカテゴライズすることで

指導(支配)する方が、扱いやすいように。

ただ、それだけなんです。

でも、その競走降りようと思えばいつでも降りれる。

勝ち続けられる人は誰もいない。

競走に疲弊するよりも、そのレース棄権しましょう。

意味ないから。

みんながそうしてるから、私もそうしないとけいない。とか、

みんなが良いって言ってるから、私もいいと思わないといけない。とか、

そういう同調圧力に押しつぶされてばかりじゃ、本当の自分を生きられず、苦しいだけです。

だから、誰かが勝負をふっかけて来ても、そんな勝負に乗ること無いですから。

そんな茶番に本気出してどうする(笑)

そこが、あなたの勝負の場所じゃないですよ。

職場でバカにされても、

学校で落ちこぼれても、

そんな一時の負けで人生決まりませんからね。

あなたのステージはもっと別のところにあります。

戦う場所は、そこじゃないし、そいつじゃない。

あなたが、勝たなきゃいけないのは、「昨日の自分」

そいつだけです。

だから、いつもあなたらしく。

それから、カメがのろまなんて失礼な話です。

以前、ハワイに行った時、ディナークルーズの船から、

何かが船と一緒に動いてくるのが見えました。

クジラ?

にしては、小さい。

イルカ?

にしては、色が違う。

と、思ったら、ウミガメでした。

カメの泳ぎ、めちゃくちゃ速いんですよ!

そして、本当に気持ちよさそうに泳いでたな。

カメは、陸では遅いけど、海の中では泳ぎの名手です。

ちゃんと、自分の生きやすい環境なら、

その場所で力を発揮できるんです。

だから、今、なかなかうまく行かない人は、その環境が、その人に適さないだけです。

人それぞれ違うんですから。

でも、絶対、上手く泳げる場所はあるんです。

カメはカメとして、うさぎはうさぎとして、

あなたはあなたとして、適した環境で生きて下さい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

東京町田イメージコンサルタントサロン
superior style(スーペリアスタイル)
顔タイプ診断・骨格診断
パーソナルカラー診断
同行ショッピング
メイクレッスン