生きてると、楽しいこと、嬉しいことばかりじゃない。

悲しいこと、

苦しいこと、

やりきれないこと、

どうして自分ばかりがこんな思いをするのか、

このまま消えてしまいたい。

そんな経験も一度や二度ではないはずです。

そして、それでも、その経験を乗り越えて

なんとか今日という日を迎えた。

でも、その時味わった、辛さや悔しさを決して忘れないでください。

誰かに話せば、その程度のことで、とか、

そんなこと早く忘れなよ、とか、

もっとポジティブに行こう、とか、

そういう言葉で更に傷つくかもしれない。

でも、あなたの味わった、その辛さ、悔しさは

あなただけのものだから。

だから、忘れないでください。

誰かに分かってもらわなくてもいい。

だけど、その時の思いを無かったものにしないでください。

その経験があったからこそ、強くもなれたし、優しくもなれた。

誰かが、辛さや悔しさで苦しんでいるときに、

あなたは、その人の経験を尊重してあげられるから。

本当に苦しい時に欲しいのは、無駄な励ましやアドバイスじゃない。

そういう言葉は、弱っている人を更に傷つけるだけ。

本当に必要なのは、ただ、そばにいて寄り添って「理解」してくれる人。

理解者が一人でもいたら、その人は、ちゃんとも明日を迎えられる。

だから、あなたの辛さ、悔しさは、あなたを強くするだけじゃなくて、

傷ついた誰かの心も癒して、その人を強くすることもできるから。

 

東京町田イメージコンサルタントサロン
superior style(スーペリアスタイル)
顔タイプ診断・骨格診断
パーソナルカラー診断
同行ショッピング
メイクレッスン