(例:1)

今日も、会社で、数字の入力が間違ってると注意を受けた。

「一桁違うだけで、どれほどの赤字になるのか君は分かっているのか?もっと真剣に慎重に業務に取り組むように。」

私だって、間違えたくて、間違えたわけじゃないのにな。

かたや、同期のMは、ミスも少なく、配慮も徹底していて、上司のお気に入り。すぐに昇格するだろう。

Mは、この職場で必要とされてるけど、私は、ここにいない方が良いのかな。

私がいることで、迷惑が掛かってる。私は、ここで必要とされていないんだ。

 

(例:2)

大学の同期のYは、結婚が決まったらしい。

同じ部署のKは、おめでたでもうすぐ産休に入るらしい。

みんな、誰かに選ばれてる。

みんな、大切な人を見つけてる。

だけど、私には誰もいない。

誰も、私をみつけてくれない。

私は、誰からも選んでもらえないんだ。

私は、誰からも愛されないんだ。

 

(例:3)

ママ友Aは、いつもその場を盛り上げる。

彼女がいるから、私も誘ってもらえる。

でも、たまにお声がかからないことがある。

Aと他のママ友とその子供たちで、先週末はバーベキューをしたと盛り上がっていた。

このままじゃ、うちの子だけ仲間外れになるかもしれない。

こんなママでごめんね。

Aみたいな、ママだったら、うちの子はもっと楽しい毎日だろうな。

私って、ダメな母親。私は、母としていない方がいいのかもしれない。

 

………って、

はーーーい!ストップ!ストップ!ストップ!

ちょい!ちょい!ちょい!ちょい!

何1人、悲劇のヒロインになってるんですかあ。

勝手に一人にならないで!

ちなみに上の、例1と例2は私の実例です。(笑)

私は子供はいないので、例3はフィクションですが、子供がいたらそんなことも思ったかなあ。

だけどね。

人から必要とされない人なんていなんですよ。

職場で、イヤミな上司から嫌われたとしても、とんでも無いミスを起こしても、しょうがないなあって笑って、信じて仕事を任せてくれる人は、いるでしょ?

それに、結婚してる人の方が偉いとか、母親になることが善で、未婚や既婚でも子供を持たないことが悪なんて、一体いつの時代ですかー?

時代錯誤も甚だしい。昭和か!ってね。もう平成も終わろうとしてるのにね(笑)

それから、ママ同士の付き合い本当に必要?

そんなことしなくても、アナタの子供は、アナタのそばでちゃんと笑ってる。

ボスママに迎合しなくたって、あなたが笑ってれば、アナタの子供はちゃんと楽しい。

でも、アナタが辛い思いをしてたら、アナタの子供もきっと同じように悲しいよね。

とにかく、誰からも必要とされない人なんていない。

極端な例だけど、あなたがお腹が空いて、レストランに入ったとする。

そして、料理をオーダーして、完食して、お代を払って、店を後にする。

そのアナタの一連の行動で助かった人は必ずいる。

レストランを経営する人。

料理を作った人。

料理をあなたの席まで届けてくれた人。

食材を店まで運んだ人。

食材を箱に詰めた人。

食材を生産した人。

少なくとも、その人達には利益を生んでる。

お客さんがいないと商売はなりたたないから。

お客さんとして、あなたは必要とされてる。

そして、アナタがいることで、救われた人もいるはず。

たかが一人の行動と思うかもしれないけど、一人一人の行動で社会は成り立ってる。

アナタもその一人だから。

だから、この世界は存在する。

むしろ、世界はあなたが創造するものだから、アナタはこの世界の中心で必要不可欠な存在。

だから、自信を持って、この世界の中心で笑っていてね。

アナタは、この世界に必要な人だから(^_-)-☆

 

東京町田イメージコンサルタントサロン
superior style(スーペリアスタイル)
顔タイプ診断・骨格診断
パーソナルカラー診断
同行ショッピング
メイクレッスン