「黒」「紺」「茶(ベージュ)」「グレイ」のベーシックカラーを好まれる方もいると思います。

私も以前は「黒」ばかり着ていました。黒なら、安心、黒なら、間違いない。とさえ思っていました。

「黒」は権威を表したり、重さや暗さを表す色で、自然と色を遠ざける色だと色彩心理では言われています。

「黒」ばかりを好んできていて頃は、自分に自信が無く人から距離を置いていたようみ思います。

その他のベーシックカラーも就職活動の際のリクルートスーツに主に選ばれる色です。

これから組織に馴染める、和を重んじるということで、その集団になじむという意味では、就職活動の際に選ばれて当然ですが、

ふだんから、ベーシックカラーばかりを着ていると、本来のあなたの良さが発揮されていないかもしれません。

その色のせいで、本当は明るい人なのに、おとなしく見えてしまったり、その他大勢に染まってしまって、印象に残らない可能性があるからです。

せっかい、出会いがあっても、印象に残らないなんて悲しいですね。

ママ友の中で、ボスママから、上から目線で用事ばかり頼まれてませんか?

それは、服のせいかもしれません。

ベーシックカラーを好む人が、いきなり、違う色の服を着るというのは、勇気がいることだと思います。

また、間違って似合わない色の服を買ってしまって、服ばかりが目立ってしまうこともあるかもしれません。

 

そういう時は、少しだけ、色を足してください。

ベーシックカラーを着ていらっしゃる方は、普段もあまり口紅を塗らない方もいるかもしれませんが、
少しだけ色を足すだけでも、顔全体の明るさは増します。

ほんのり色づくグロスでつやを出すだけでも、顔色は明るくなります。
また、ティントルージュのように、うっすら色づくけれど、発色の良いものもあります。

もし、メイクに抵抗があれば、イヤリングやピアス、ネックレスなどで、少し色味をプラスしたり、靴やバッグ、ベルトなどの小物に色をプラスするだけでも、ベーシックカラーを着ていても、ずいぶん華やぎます。

また、靴やバッグ、ベルトであれば、顔から離れているので、パーソナルカラーを気にせずに取り入れることができます。

涼し気なミントグリーン、桜を思わせるフューシャピンク、ビタミンカラーのイエローやオレンジ、これから春に向けて冒険してみてください。

色は元気をくれます。そして、次の一歩を進む勇気をくれますから。

 

東京町田イメージコンサルタントサロン
superior style(スーペリアスタイル)
クレタ真紀
顔タイプ診断・骨格診断
パーソナルカラー診断
メイクレッスン