見た目とは、なんでしょう?

髪型、顔、服、色、雰囲気などなど、目から入ってくる情報が「見た目」です。

その人の印象の大部分は視覚からの情報が大部分を占めていて、出会って7秒で、第一印象は決まっているとも言われています。

そうすると、あなたが、素晴らしく仕事ができる人だとしても、普段着のような格好で髪の毛も整えず仕事をしていたら、なんとなく冴えない人という印象を与えてしまうでしょう。

またせっかくの出会いの場にリクルートスーツのような黒や紺のスーツで登場したら、堅苦しい雰囲気からせっかくの出会いのチャンスが生かされなくなってしまいます。

また、街中で人に声をかえて、道を聞いた場合、化粧もせず身なりも気にしない人より、きちんとメイクをして身ぎれいにしている人の方が、より親切に対応してもらえるそうです。

そのくらい、人は「見た目」に左右されているということです。

「たかが見た目で、判断されたくない!」という反論も当然あると思います。

私も、ずっとそう思ってきましたから。

だけど、その「見た目」にあなたのすばらしさが、反映されていないのなら、それは本当にもったいないことです。

「たかが見た目」です。でも、「たかが見た目」で、損をして欲しくないのです。

「見た目」が第一印象の大部分ですが、ですが、その「見た目」させ、あなたを表す1要素に過ぎないのです。

だから気負わず、見た目と中身を一致さえるゲームのように気楽にメイクやファッションを楽しんでほしいのです。